それでも夜は明ける 口コミ評判

それでも夜は明ける 口コミ評判

それでも夜は明ける 未だかつて誰も描けなかった、真実ゆえの衝撃!『それでも夜は明ける』 1841年、ニューヨーク。家族と幸せな日々を送っていたバイオリン奏者のソロモンは、ある日突然誘拐され奴隷となる事に…。19世紀前半に実在した黒人男性ソロモン・ノーサップの自伝を映画化。※PG12 出演者:キウェテル・イジョフォー   マイケル・ファスベンダー   ベネディクト・カンバーバッチ 監督:スティーヴ・マックィーン 脚本:ジョン・リドリー

1:名無しさん
2014年12月18日 10:18:08
奴隷をテーマにした映画の中でも
実話を元にしただけあり、リアリティーの高い作品。

こういうの見てると思う。
仮に自分がこの時代の白人だったとき、まわりと同じように奴隷を買って虐げたりしてしまうのだろうか?
この答えに断固としてNoと言えない自分がいる。感覚とは後天的なもの。普通は普通でしかなく、「べき」は人が創るもの。

slaveは人間の弱さの象徴と思うし、我々現代の人間はこういう映画をみて逃げずに噛み締めなければならない。

「これは罪ではない。所有物で遊んでいるだけ」
2:名無しさん
2014年12月19日 22:21:26
ムチの威力がハンパねぇと思った
あとサラポールソン?が可愛かった
3:名無しさん
2014年12月21日 01:29:59
救いがない。それに尽きる。もちろんそれが事実なんだろうけど、それだけを伝えるなら映画じゃなくてもイイ。ブラピ違和感ありまくりなのが顕著なように、結局アメリカ的商業映画にするための細工が、見え隠れしてしまう。個人的にはまったく響かなかった。
4:名無しさん
2014年12月22日 07:38:04
類似のテーマで、もう一つ「作品」がありましたよね?。なぜ「アカデミー」はこちらを選んだの?。自分は、両方とも「映画館」で見ましたが……。まっ「こちら」も佳作で決して悪くないんだけれど……。ね……。あまりに「都合よく」、「良き白人(ブラビ)が現れる」のが「ストーリー的に無理」がありませんか?。あと「自由黒人」と「奴隷黒人」ってのが「同じ黒人」なのに「天地の差」……。これが、普通の日本人には理解に無理がある。「お話」の畳みかけがあまりに「都合が良すぎ」……。「作品としての深み」はどちらが上なんでしょうか?。これは個人の「好み」の問題か?。まっ「両方」見て、「個人の感性」で判断してもらう方が良いでしょう。もう一本は「大統領」で検索してみてください。
5:名無しさん
2014年12月23日 18:55:44
自由黒人として生まれたソロモンと別れる時の、奴隷黒人であるパッツィーの心境を考えると心が痛んだ。
もう少し奴隷生活中で12年の月日が感じられる描写がほしかった。
6:名無しさん
2014年12月25日 03:03:01
改めて、人間の尊厳とは何かを考えさせられた作品でした。あまりにも理不尽な「理由」で突然拉致され、愛する家族と離れ離れになり、奇跡的に最後、戻ることが出来ますが、話はそんな単純なものではなりません。社会全体で人間が家畜として扱われていたという現実があったということなのです。主人公は、自分の命を守るため(生きて家族と再会するため)に自らも、やむを得ず、罪を犯します。これは一生の心の十字架を背負うことになるでしょう。それにしても・・・、この話は実話に基づいており、氷山の一角に過ぎないとしたら・・・色々と考えさせられるきっかけになりました。
7:名無しさん
2014年12月26日 08:17:39
マイケルファスベンダーの演技!
8:名無しさん
2014年12月27日 18:28:08
screen
観てて終始辛かった。理不尽なことばかり。こんなことが実際にあったと思うと、人間ってこわいなって思った。
9:名無しさん
2014年12月29日 01:44:53
好きな監督なだけあってやっぱり撮り方が好きだった。
10:名無しさん
2014年12月30日 07:13:49
奴隷制度がこんなにも残酷だったとわ。生きるためにいろいろを犠牲にしなければならない、綺麗ごとだけでは生きていけない。リアルでした。
11:名無しさん
2014年12月31日 16:15:31
もしも自分があの時代のあの環境に白人として生まれていたならどの立場になるかなって考えると…。ポールダノになってしまうのか…。ブラピになれるのか…。とにかく観れば響く映画です。
12:名無しさん
2015年1月2日 00:39:02
悲しい。ブラピは必要だったのかな?
13:名無しさん
2015年1月3日 05:41:56
久しぶりに入り込めた作品。言うことなし。アメリカの奴隷制度について分かりやすく簡潔に伝えてくれた。プロローグには謎が深まった。サウンドもその場に応じた音がなっていた。日本人としても観るべき
14:名無しさん
2015年1月4日 11:53:27
信じられない話。恐ろしい
15:名無しさん
2015年1月5日 19:15:47
自由
ブラピチョイ役。
16:名無しさん
2015年1月6日 22:45:41
ホントにブラットピット
17:名無しさん
2015年1月8日 06:54:24
絶対に知るべき実話
18:名無しさん
2015年1月9日 19:19:16
140314@
19:名無しさん
2015年1月11日 03:45:57
観ていて辛い映画でした。あるシーンでは耐えきれず目を背けてしまいました。
言ってしまえば悲しくなるだけの映画、だけど実話であり歴史であることが最大の存在理由だと思います。

衝撃的なシーンがあります。数十秒は画面のカットが変わりません。迫力もありません。ただ静かにこの光景が日常であったことを訴えてきます。
俳優の表情だけで心情を語らせるシーンがいくつもありました。特殊な演出のおかげで観ている側の痛みも倍増。ただ、辛いんだけど本当に傑作だと思います。アメリカで起こった自分には関係ない遠い歴史だと思ってしまったけど、こうやって映画で観れば同様に心が痛い。過ちだと思う。この映画で人間が犯した過ちを知れてよかったです。知って、何か自分の考えがもっと正しい方向へ行けたらいいなと思います。
20:名無しさん
2015年1月12日 08:13:34
人として、自由な時代と国を生きる立場として、見るべき。
21:名無しさん
2015年1月13日 15:29:02
信じられない。

とても事実とは、思いたくない。作者が当時どんな気持ちなのか、どんなに辛かったのか想像するだけで‥‥身震いする。。

正義だと、なんでもアリになっちゃう時代‥‥罪の意識がない罪の冷酷さ。人は何でもできちゃうんだね。。。

ブラピが論じた人間皆平等は、今じゃ常識的なんだけど、あの時代でそういう発言をするのは、本当に勇気がいることだったと思う。

何かを声に出して主張することの自由が、こんなにも息苦しいだなんて‥‥‥

そうやって、時代に逆らって主張していった先人達の偉大さにも気づかせてくれた、作品でした。

いや、本当に怖い。


22:名無しさん
2015年1月15日 00:52:13
実話奴隷拉致自由黒人
ショーシャンクの空に
23:名無しさん
2015年1月16日 10:03:57
アメリカ史上最低の歴史と思う。
でもこれをアメリカがアカデミー賞に選んだところに何か意味があると思う。
24:名無しさん
2015年1月17日 13:08:20
今では考えられなくって、奴隷制度で何のために…とか思った。涙が止まらなかった。
25:名無しさん
2015年1月19日 01:12:40
黒人差別のお話。目黒シネマで観劇しました。音楽家で階級の高い黒人が、ある日身売りされ奴隷黒人になってしまいます。とある家族が人身売買されていったり、ひどい虐待を受けたり、じわじわと痛むシーンが多かったけど、結局、主人公の黒人も、身分が下の黒人に対して差別してるんじゃないかなぁって、、、。なんともすっきりしない、そして主人公にも同情、共感できない作品でした。おもろいけどね。
26:名無しさん
2015年1月20日 13:39:25
想像通り、重く、胸が苦しい物語。
邦題は「それでも夜は明ける」で、希望的なタイトルだけど
英題は「12yearsslave」な分、どう収束するのか全く予想が付かない。
音楽も最低限に抑えられていて、残酷なシーンのコマ割りも長くて、息が苦しくなるほど。やはり歴史に残る名作。
27:名無しさん
2015年1月21日 17:07:57
たぶんもう二度と観ない。
でも観てよかった。
終始苦しい映画だった。
この映画がアメリカでアカデミー賞をとったことに意味がある。
アメリカ史上最低の歴史。人類の歴史でも最悪の事実。
ラストに関しては、それが歴史だと思う。

キウェテルイジョフォーの演技が素晴らしすぎて、後半ずっと涙目だった。
マイケルファスベンダーの難しい役の演技がすごかった。
ブラッドピットはたぶん未来人