GODZILLA ゴジラ[2014] 口コミ評判

GODZILLA ゴジラ[2014] 口コミ評判

GODZILLA ゴジラ 2014 ハリウッド流超弩級スペクタクル『GODZILLA ゴジラ[2014]』 原発跡地に侵入した科学者のジョーと彼の息子で米海軍に所属するフォードは、謎の研究施設と想像を絶する巨大生物を目にする…。日本が誇る大怪獣‘ゴジラ’がハリウッドで再映画化! 出演者:アーロン・ジョンソン   渡辺謙   エリザベス・オルセン   ジュリエット・ピノシュ   サリー・ホーキンス   ブライアン・クランストン   デヴィッド・ストラザーン 監督:ギャレス・エドワーズ 脚本:マックス・ボレンスタイン

1:名無しさん
2014年12月18日 07:50:20
なぜ、こんなにも価格を上げるのか?いつになっても適正な価格を出せない。余計なオマケはいらないし、過剰なパッケージも必要ない。すんなりと消費者が買える姿勢を持つべきだ。
2:名無しさん
2014年12月19日 19:09:59
この映画を見てスターウォーズのスピンオフを任さられるほどの力量なのだろうか…。Godzillaでガッカリ、スターウォーズでも…なんて事だけは正直止めて欲しい。
3:名無しさん
2014年12月21日 07:19:02
前作USゴジラ(ジャンレノ)に比べて「ゴジラ」だ。原発、紛争、政治などの問題提起もあってコンセプトも初期ゴジラや円谷(セブンまでの)を継承している。惰性で製作していたJPNゴジラ中期数作は別としてゴジラとして鑑賞出来ます。日本はCDと同じでこんな価格で売るから結果として売上が伸びない。CDが諸外国より売れてるのはAKBで商法で特典付き、限定版、バージョン違い、握手券などとコレクションしたいという購買層である。映画でもハリウッドものは発売時高くても即廉価になる。
4:名無しさん
2014年12月22日 18:33:10
「北京原人」を4276円も出して買っちゃった私の身にもなってくださいよ。多少高くても、この内容なら、じゅうぶん我慢できますよ・・・・トホホホ・・・・
5:名無しさん
2014年12月24日 06:56:34
しかし、物語はアメリカのご都合主義がとても目立つ内容なので、そこは眼を閉じて何も突っ込まない方が楽しく見れます。ゴジラが咆哮をあげるシーンは久しぶりの怪獣の登場にグッとくる物はありました。<以下ネタバレを少々含みます>しかし、あえて言わせてほしい。何故、原発事故を脚本に使ったのでしょうか?何故、津波に飲まれて死ぬ大勢の人々を長時間生々しく映したのでしょうか?あの震災の日を題材にして本作品が作られたと言う事なのでしょうか、それだけが不愉快でした。軍事的な作戦も過去のゴジラ映画と比べると、どれもずさんで詰めの甘い物ばかりで、もしかして軍事インストラクターさんは関わらないで製作したのかな?と思う程です。期待をしていただけにがっかりな面が多い作品でしたが、ゴジラ自身は原作そのままで大切に描かれていたので、それだけが救いだと思います。
6:名無しさん
2014年12月25日 18:06:52
基本的にスクリーン、3D画面で見るべき作品。映画自体の内容はあんまり無く、賞味期限は短い。ブルーレイの画質・音質は生かされているけど、画面の大きさがCGの大きなファクターになっているのでパソコンにしろ、家庭のテレビにしろ、惹きつけるような力はなくなってます。おっさんの意見はそうなんだけど、学童期の子供なら違うのだろうなぁ。
7:名無しさん
2014年12月26日 21:17:56
ゴジラに限らずだけど、日本のBlu-rayの新譜は高すぎます。それでも昔は気に入った映画は買ってたけど、最近はレンタルで済ませています。それで安くなったり、中古で安いのが出てきたら購入するようにしました。コレクターの購買意欲を削ぐような販売方法は、結果的に自分の首を絞めていることになるのに・・・またDVDとBlu-rayの抱き合わせ販売も疑問4Kが出てきたら4K、3D、2D、DVDの抱き合わせもやるのでしょうかね?気持ちよくVHSも抱き合わせたら・・・まあ、このような強気の販売をされているのも売り手の勝手なのでしょうから文句を言ってもしかたないですね。違法コピーはいけませんが、氾濫するのも無理ないなあと思います。
8:名無しさん
2014年12月28日 00:46:53
北米’/欧州販売品には絶対日本語字幕を入れさせない事。北米’/欧州上映版の“原発ルーレット”の看板描写シーンをカットする。、、、、、、だけ。すぐ値崩れし、¥2480-になると思います。“GODZILLAゴジラ北米版2014ブルーレイ”約¥2000−で充分です。
9:名無しさん
2014年12月29日 12:12:55
まぁとにかく,映像と音響ともに,その巨大感の演出がたまらなく良い.是非大きなスクリーンと高音質で観てほしい.実はGODZILLAの存在理由は何も明かされないが,そういう設定が彼の神がかった感じを巧く出せている.問題なのが,「人間側」の演出だ.主人公のお父ちゃんは,変人と思われながら自主研究頑張ってきた割にはあまり役立たず報われず.その主人公はと言えば,その父ちゃんの息子というだけでキャラ設定はお粗末.爆弾処理のプロフェッショナルが全然活かされず.立入禁止区域での国家プロジェクトも15年も研究してきた割には茶番劇.本当は怪獣活劇でこういう細かい突っ込みをしたくはないのだが,製作側が「ヒューマンストーリーも重視してます」みたいな演出をしており,また中盤までは怪獣シーンも「出し惜しみ」感満載であるため,どうしてもそういう意見は出るだろう.「パシフィックリム」のように,怪獣特撮シーンをサービス満点で見せてくれていれば,もっと楽しめたのに,と思うと少し残念.
10:名無しさん
2014年12月30日 21:39:41
GODZILLAVSギャオス・・て感じの映画(≧∇≦)。値段は想定範囲だけどね。買うか、買わないでおくか迷う。